【CBDグミ】の具体的な効果と危険性について解説します。さらに違法になるCBDグミについても触れてみます。

【CBDグミ】の具体的な効果と危険性について解説します。さらに違法になるCBDグミについても触れてみます。

日本でも注目され始めたCBDですが、「グミ」があるのをご存知ですか?

 

アメリカでは、最新の健康食品として急速に人気が高まっています。

 

グミなら気軽に食べることができるので、CBD初心者でも試しやすいイメージですよね。

 

そこで今回は、CBDグミの効果や利点はもちろんのこと、違法性や危険性なども併せて説明します。

そして、最後に日本で実際販売しているおすすめのCBDグミをご紹介します。

CBDグミは違法?そもそもCBDってなに?

結論からお伝えすると、CBDグミに違法性はなく、食べても捕まったりしないので安心してください!

 

CBDとは、Cannabidiol(カンナビジオール)の略で、ヘンプ(麻)に含まれる主な有効成分カンナビノイドの一つです。

 

カンナビノイド自体は100種類以上もあり、CBDはその中の一つに当たります。

 

違法性がない理由は、このカンナビジオールという科学成分が大麻草の茎や種子から摂取されているからです。

 

そして2017年WHOでは、CBDには、違法薬物のような依存性、乱用の可能性はないと発表しています。

 

一方、THC(テトラヒドロカンナビノール)という成分が含まれているマリファナ(大麻)は、日本で違法とされています。

 

なぜならテトラヒドロカンナビノールは、大麻草の花や葉から摂取され、気分がハイになるような成分だからです。

 

このように、同じ大麻草からできた製品でも抽出されている箇所によって、合法か違法か分かれてしまいます。

 

日本で売られているCBDグミは、前述のハイになる成分であるTHCが含まれていませんので、CBDに興味がある人にはまずおすすめしたい商品です。

 

CBDは、食用やスキンケア製品にも取り入れられるなど、現在様々な分野で研究が進められている成分なので、これからさらに期待できますね!

CBDグミの効果は?

CBDグミの効果は、CBD自身の持つ効果+グミのメリットと思って間違いありません。

 

海外の研究によると、CBDは

 

  • 炎症機能
  • 集中力
  • 痛み
  • 睡眠
  • 気分をサポートするリラックス効果

に役立つといった結果が出ています。

 

上記に挙げた中で、実際私が最も感じた効果は、睡眠におけるリラックス効果でした。

(もともと快眠タイプなのであまり説得力がないかもしれませんがw)

 

ですので、睡眠の質を上げたい方はもちろん、ストレスや不安で寝付きが悪い方にもCBDグミはおすすめです。

 

過去4年間で、CBDはかつてないほど大きな規模で広く注目を集めており、科学者はもちろん、大学でもCBD研究の実施を開始しています。

 

予備研究のみですが、動物実験も進められていて、その結果は有望と期待されています。

 

では、CBDをグミとして取り入れるメリットはなんでしょうか?

1.グミなので生活に取り入れやすい

CBDは、オイルやサプリメントが人気のある形態です。

 

日本で有名なコスメキッチンやボディショップ で販売しているのも、スポイトタイプで直接飲むタイプだったりします。

 

ですが、投与するのに水が必要で面倒な部分や、初めてですと直接オイルを飲むのは抵抗感が出てしまう可能性もあります。

 

一方、CBDグミなら必要なのは1つのグミだけでOKです。

 

おやつ感覚で気軽に食べれるので、とにかく取り入れやすいですね。

2.ハイな気分になりません

繰り返しになりますが、CBDグミは、マリファナを愛用している人が言うリラックス効果を危険性はなく「ハイにならない」で提供します。もちろんマリファナは違法です!

 

その為、CBDグミは認知能力の妨げになることを心配することなく日常的に使用することができます。

 

また、CBDグミを選ぶ際には、CBDの摂取量も見ておくのがポイント!

3.CBDグミは美味しい

これはグミならではの効果なのですが、CBDグミは、キャンディーを模倣して作成されているため、甘いお菓子のような味で、ヘンプ(麻)特有の味が薄く食べやすいです。

CBDの利点を体験したいけど、ヘンプ(麻)の強い風味を避けたい人にとっては、CBDグミはおすすめです。

ヘンプの風味とは、草のようなワイルドな味を指します。

好きな人は好きだと思うのですが、甘いお菓子の方が断然美味しいので、CBD初心者にはグミをおすすめします!

4.CBDグミだと摂取量がわかりやすい

CBDは体に良いと聞くけど、「どのくらいCBDを摂取する必要があるんだろう?」と悩みますよね。

CBDグミは、事前に含まれた量がわかるので、この問題を簡単に解決します。

したがって、CBDグミなら推測で摂取量を考えながら取り入れる必要がなく、自分の気持ちに応じて、用量を増減させることができます。

CBDの効果をより感じたい方には、摂取量多めのCBD25mg入りがおすすめです。

5.抗酸化物質が豊富

CBDは抗酸化源であり、実際、ビタミンCとEの両方よりも多くの抗酸化物質を含むことが知られています。

抗酸化物質は、体の酸化ストレスを和らげ、健康を維持するための自然な防御チームとして体内で機能します。

CBDグミの危険性

効果や効能が多く注目され、CBDは副作用がほとんどなく安全な成分であるとWHOからも述べられているCBDですが、まだまだ研究途中の物質でもあります。

 

起こり得る副作用としては、先述したとおり、CBDグミに入っているCBDにはリラックス効果や睡眠の質を高める効果がある反面、眠気・倦怠感・めまいが副作用の症状とされています。

 

車の運転の際には、居眠り運転や注意が散漫になる恐れがあるので、副作用の出やすい方は、運転前にCBDグミを食べないようにしてください。

もう一つ注意が必要なことがあります。

それは、薬とCBDの製品を一緒に摂取すると薬の副作用が出やすいということです。

通常薬は、CYP450という肝臓から出る代謝酵素により、無毒になって体外へと排出されるのですが、CBDは代謝酵素のCYP450を阻害してしまい、薬が代謝されずに体内に蓄積するため、副作用を起こしやすくなるといわれています。

そして念の為、注意しなければならないのは、妊娠中や授乳中にCBDを取るのは控えた方が良いことと、CBDグミの食べ過ぎには注意しなければなりません。

日本で購入できるCBDグミ

 HEMP Baby CBDグミ

楽天で見る

 

現在日本で購入できて、人気のある商品が「HEMP Baby CBDグミ」。

元々とても人気あったCBDグミだったようですが、グミ1個あたりからメラトニン1.5~3.7mgが検出され薬事法違反で回収となっていましたが、現在の商品はメラトニンの件も大丈夫になったようです。

そもそもiHerbなどで、メラトニンは普通に売られており、危険性は少ないような気がするのですが、日本の薬事法は何故かメラトニンが違反になってしまうのです。。。

CBD fx CBD ベリーグミ

楽天で見る

 

CBDfxはカリフォルニア州ロサンゼルスのCBD専門ブランド。

現地アメリカではハリウッドセレブ、アスリートも数多く利用しており、米国、ヨーロッパをはじめ、世界20ヵ国で親しまれる、米国最大手のCBD専門ブランドの1つです。

こちらも日本でもとても人気のある商品です。

『HealthyTOKYO』9.3 CBD グミ マンゴースター

パッケージもおしゃれ且つ、日本製のCBDグミです。

こちらは、公式サイトから購入可能です。

・1粒に9.3mgのCBDを含有
・1ボトル50粒入り
・1ボトルでのCBD含有量 465mg
・マンゴー味
・アメリカ産オーガニックヘンプ(麻)より抽出されたCBD
・ヘンプシードオイルも配合
・いつでもお好きな時に
・1日2粒(18.6mg)で、約1か月分
日本製

まとめ

いかがでしたでしょうか。

スキンケアや食用としても人気が出てきたCBD製品。

違法ではないことや、効果なども理解できたかと思います。

気軽に試してみたい方は、まずおやつ感覚で取り入れられるCBDグミを体験してみてはいかがでしょうか。

くれぐれも食べ過ぎなどには注意してくださいね。