About

About "Nomadic Hemp" Consortium

この名前は元々アジアに自生していた植物ヘンプが、まるで遊牧民のように世界中に広がったことから名付けています。

 

植物の”ヘンプ”を私たちの未来に最も重要な素材の一つではないかと仮説を立てました。

 

今まで誤解され、無視され続けていたヘンプなのですが、ヘンプには様々なメリットがあると言われ始め、アメリカやヨーロッパを中心に爆発的に注目されるようになってきたからです。

 

私は縁があって、2001年より仕事でヘンプ素材に関わってきましたので、このような時代が来たこと本当に嬉しく思っています。

 

そして、今まで培ってきたヘンプの魅力やメリットを少しでもわかっていただけるようにこの【Nomadic Hemp Consortium】を運営しています。

 

昨今、不安定な状況が続く世の中で、私たちの心や身体、そして地球環境にとって少なからずポジティブな影響を与え、循環的(サスティナブル)な社会を形成するのに役立つヘンプ植物を広めていければ良いと思っています。

 

ヘンプは今の時代の流れに合ったノマドワーカーやミニマリスト、デジタル世代などの生活スタイルの変化に適した素材だと思います。

その新しい世代へ向けてヘンプを普及させていければと思っています。

 

未来の鍵となる最も古くて新しい素材”ヘンプ”についてはこのウェブサイトの記事で紹介していますので、是非読んでいただければ幸いです。

Nomadic Hemp 山岡タクヤ